家を建てるときの業者選び

住宅会社が倒産した場合

住宅会社が、もし倒産するような事になったらどうなるのか?
と、不安になることもあるでしょう。

 

家つくりを進めている段階で、支払いを急かす住宅会社は
注意をすべきです。

 

契約の段階から、料金の何割かを請求してきたり、
工事が進んでいないにも関わらず、材料費等の名目で請求をしてくるのは
とても不自然です。

 

このような不自然な支払い請求は、
その都度確認するようにしましょう。

お金の払い方

お金を払うときは、工事の進み具合に合わせ、徐々に料金を支払っていきます。

 

一般的に、契約時に1割、着工時に3割、上棟時に3割、完成時に3割というように、
徐々にお金を払うのが一般的です。

 

このように支払いをすれば、お互いの信頼を損ねないのではないでしょうか。

 

色々な理由があり、支払いが前倒しになることもあるかもしれません。

 

ですが、不自然な支払いだと感じたら、支払いをする前に
理由を確認するようにしましょう。

住宅完成保証制度

不自然な支払い請求があったら確認をとるなど、
気をつけていても住宅会社が倒産してしまうという事態になることがあります。

 

そのような場合の備えとしては「住宅完成保証制度」があります。

 

・住宅完成保証制度とは

 

住宅完成保証制度とは、建築業者の倒産などによって
工事が継続できなくなった場合、工事の中断や
引継ぎによって発生した損失分が一定の限度額内で補償されるという制度です。

 

会社によっては、「うちの会社はつぶれる心配がありませんから、
住宅完成保証制度を利用していません。」と言うところもあります。

 

ですが、その会社の財務内容が審査基準に達していないために、
そういっている場合もあるので注意が必要です。

 

制度を利用するしないに関わらず、
その会社の危機管理を確認する事は必須だと思います。

 

利用の可否について、ぜひ、住宅会社に尋ね、
会社選びの判断基準のひとつとしてください。