家を建てるときの業者選び

家を建てるときのパートナー

家を建てるときにパートナーとして選ぶのであれば、
トータルで家つくりを請け負ってくれる「住宅会社」がよいと思います。

 

しかし、その会社の「実力」は、とても気になります。

 

センス、技術力の高さが希望と一致しなければ、
思い通りの家は手に入りませんし、
気持ちよく事を進めていくことはできません。

 

また、パートナーとしての営業マン選びもとても重要です。

 

担当者の手腕によって、家つくりはかわってきます。

 

身だしなみ、商品知識、対応のすばやさなど、
チェックすべき部分は色々あります。

 

建て主の立場に立って物事を考えてくれるかどうか

 

建て主に感情移入ができる人であることは、
営業マンに不可欠な条件です。

 

建て主の立場に立って物事を考えてくれるかどうかは、
営業マン選びの重要なポイントになります。

 

住宅は、決して安くない買物ですし、
家族の生活を支える大切なものです。

 

納得して購入することが必要ですし、
納得できなければ、どんなに立派な家を建てても不満が残ってしまいます。

 

ですから、理解力のある営業マンに、
建て主の立場になって提案をしてもらい、
判断材料となる情報を分かりやすく提供してもらい、
納得して購入しなければなりません。

 

売上げ成績の良い営業マン

 

勿論、売上げ成績も営業マン選びの一つの基準になります。

 

成績が良い営業マンは、知識が豊富であり、
自信もあるので、建て主の要望をよく聞いてくれる人が多いです。

 

また、成績が良い営業マンは、社内でも意見が通りやすいので、
難しい要望を出したとしても無理を聴いてくれる可能性が高くなります。

 

業者の社員に地元住人が多い

 

業者の社員に、地元の住人が多いかどうかというのも
業者を選ぶときの一つの判断基準になります。

 

契約して工事が決まった途端、
担当者が転勤になってしまったり・・・というのはかなり不安です。

 

担当者の人柄で業者を選ぶのはNG

 

担当者の人柄で業者を選ぶのはNGです。

 

担当者は、今後パートナーとなる人ですから、
人柄が良いに越したことはありません。

 

ですが、それ以上に会社の姿勢をじっくり観察し、
信頼できる会社を選ぶことが重要です。

 

強引な営業マンはNG

 

どんな営業マンであっても、
強引さを感じる場合は別の人を紹介してもらったほうが良いかもしれません。

 

しつこい営業マンには要注意

 

モデルハウスに行くと、後々まで営業されて困る場合もあります。

 

営業マンの人当たりがよく、図面等を何度も書いてもらったりすると、
断れなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ですが、そのような時は「嘘も方便」。

 

「知り合いの工務店に頼む事になった。」、
「仕事で付き合いがある建築会社に決めた。」
と言うように、より強力な人間関係を理由に断るという方法もあります。

 

家は、安くない、大きな買物です。

 

流されてしまって後悔するようなことにならないように、
いいたいことははっきり伝えましょう。

 

また、両親などから知り合いの会社を押し付けられた際にも同じことがいえます。

 

デザインやセンス、技術・・・納得のできる業者なら良いのですが、
そうではない場合は、はっきり断る勇気を持ちましょう。