家を建てるときの業者選び

モデルハウスだけでなく、現場見学会に参加してみる

家を建てようと思うとき、何軒か、モデルハウスを見学すると思います。

 

何度か見学し、候補の会社が絞れたら、
モデルハウス以外の建物を確認することができる
現場見学会にも参加しましょう。

 

建築途中の現場、引渡し直前の現場に立ち会うことができる
「現場見学会」は、家つくりの参考になります。

 

また、現場を公開することができる会社は、
キチンとした仕事をしている自負がある会社であると考えられます。

 

さらに、実際に建てた人の評判を聞いたり、
建築途中の現場がある場合は、
抜き打ちで見学に行くのも良いのではないでしょうか。

 

現場で働いている職人さんの仕事に対する姿勢や駐車のマナー、
ご近所への気遣いなど、
自分がもしこの会社に任せるとしたら、
どうだろうか?安心して任せられるだろうか?
というような視点で観察してください。

 

一日の仕事が終わった後、きれいに現場を片付けているかどうかも
確認してみてください。

 

きれいに片付けられている現場、
キチンと片付ける職人のいる会社は、安心感が高いです。

 

もしできれば、現場付近で、
どの業者の仕事ぶりやマナーを聞いてみるのもよいと思います。

モデルハウス、見学会の見方

モデルハウスの展示物件は、その建設会社の建物の中でも、
高いグレードの仕様で作られているものが殆どですから、
同じものを望むと予算はいとんでもないものとなってしまいます。

 

モデルハウスでは、実際の広いさ、仕様を確認します。

 

じっくり触り、気になるところは遠慮せずに質問してください。

 

また、機会があれば、現場見学会にも参加しましょう。

 

引渡し直前の現場を見学するときには、
点検口を開けてもらい、床下を確認してみてください。

 

この床下の部分は、建設会社が見えない部分まで
気を配っているかを確認することができるチェックポイントになります。

 

こういった部分までキチンと気が配られている建設会社は、
ポイントUPですよね。

 

引渡し直前の住宅の床下が散らかっている場合は、
その建設会社のポイントは下がるでしょう。

 

見えない部分まで木を配っていれば、
他の部分でも同じ、或いはそれ以上の心配りをしてくれていると
想像することができます。

 

大切な家の建築を任せることになる住宅会社を選ぶときは、
デザイン力や技術力だけでなく、
気配りまで行き届いたところを選ぶべきです。