家を建てるときの業者選び

アフターメンテナンス

アフターメンテナンスとは、家ができた後でも、
細かい部分の欠陥や故障を修繕してくれる制度の事です。

 

家に住み始めてから、何らかの不具合が発見された場合は、
住宅会社にアフターメンテナンスを依頼しましょう。

 

アフターメンテナンスの期間

 

アフターメンテナンスの期間は、1年間だけ保証という場合もありますし、
10年間という場合もあり、住宅会社によってさまざまです。

 

事前に調べておくようにしましょう。

 

大手の会社であれば安心か?

 

大手の会社であれば、アフターメンテナンスに関しても安心かな?
と思ってしまいがちですが、
大手だから安心とは限りません。

 

アフターメンテナンスで間違いのない対応を望むのであれば、
地元で長く営業を続けている住宅会社を選んだほうが良いでしょう。

 

アフターメンテナンスの中には、漏水トラブルや配水管のつまりなど、
急を要する場合もあります。
このような突発的なトラブルが発生した場合は、
やはり地元の会社が頼りになります。

 

地域に根付き、生き残っている会社は、
やはりそれなりの理由があり、信頼感、安心感があります。

 

アフターメンテナンスの範囲とは

 

アフターメンテナンスの内容や期間は、住宅会社によってさまざまですが、
概ね以下の様な内容となっています。

 

事前に確認しておくようにしましょう。

 

・メンテナンスが無料の例

 

床鳴り
水周りの不具合(排水できない、水が漏れる)
クロスのひび割れ
建具のガタ付き(締りが悪い、音がする)

 

・メンテナンスが有償の例

 

子どもが遊んでいてガラスが割れたなど居住者の過失
洪水や地震など大規模自然災害による被害
有効保証期限を過ぎたもの

 

瑕疵担保保証

 

欠陥が家の構造部分に関わるような大きなもののの場合は、
瑕疵担保保証を利用します。