家を建てるときの業者選び

家を建てるときの業者選び

家を建てるのは一生のうちに何度もあることではありません。

 

ですから、家つくりをするときには、何からはじめればよいのか
全く分からないという人も少なくありません。

 

そんな時、頼りになるのは、パートナーとなる業者です。

 

そこで、パートナー選びをしたいのですが、
たとえば、パートナーとなる業者に、
「何からはじめればよいのか」と聞いたとします。

 

そのとき、
「この家は、いくらです。」、
「この家は、このようなつくりです。」
「あなたは、○○○万円までローンを組むことができます。」
と言うような答えだけでは、不十分です。

 

家を建てるときには、建物を売ることだけを目的にする業者ではなく、
その家族に最もあった方法を導くことができる、
そのために、同じ歩幅で、同じ速度で歩んでくれる業者、
一緒に不安を解消してくれる業者を選ぶべきです。

 

なぜなら、よいパートナーを選ぶことが、
家つくりを成功させるための第一歩になるからです。

家を建てるときのよい業者とは

家を建てるときの業者は、
たとえば、以下のような業者が、望ましいのではないでしょうか。

 

・建物を売ることのみを目的としていない。

 

・準備段階から親身に相談に乗ってくれる。

 

・要望を積極的に聞こうとしてくれる。

 

・建て主の悩みを自分の悩みとして感じてくれる。

 

このような業者を選びたいものです。

 

モデルハウスをしっかり見学し、現場を見せてもらったり、
実際に家を建てた人に話を聞くなどの情報収集も行なった上で、
業者を決定しましょう。